スイープサービス預金

最近、ネットバンクを中心に人気を集めているのが、スイープサービス預金という預金商品です。

これは、銀行預金として預けている資金を系列の証券会社の預かり金として使える預金です。
共有することにより、資金管理が簡単になるほか、普通預金よりも金利が高いということで人気があるのも頷けるところです。

しかし、このスイープサービス預金にもデメリットは存在します。

一つは生活資金と投資資金の境界線がわかりにくくなる点です。
本来であれば投資用の資金ではない分まで投資に回ってしまう可能性を秘めているため、あらかじめ生活資金は別の口座に入れるといったことが必要でしょう。

もう一つは、1,000万円を超える範囲は預金保護の対象外であることです。
俗に言うペイオフというものですが、1,000万円以上の額を投資する方にとっては重要なお話であります。
極力、スイープサービス預金に関しても1,000万円以内で抑える必要があるということになります。

ぜひ、しっかり内容を把握して用途に沿った預金商品を使い分けてみてくださいね。

HOME > スイープサービス預金