預金商品とリスク

普通預金や定期預金などの預金商品は、自分の手元に現金を蓄えておくタンス預金などよりは、多少まし。しかし、資産運用という観点からするならば、それは守りの姿勢が強すぎるものです。

もちろん、守りが悪いわけではありません。

問題はポートフォリオのバランスです。
もしも資産の大半を預金商品に回してしまうなら、それはそれでリスクを負うことになってしまいます。そのリスクとは、何もしないリスクです。

投資が怖くて預金商品にばかり頼ってしまえば、世間の大勢の人が積極的な投資によって資産を増やす中、自分一人だけ取り残されてしまうかも知れません。
そうなれば、何も預金を増やす努力を行わなかったことを後で後悔することになります。

これが何もしないリスクです。
同じ預金商品でも、少しでも将来のために増やす努力の気持ちを忘れないようにすべきではないかと思います。

そうすれば、いざという時には決断力や実行力を発揮することができます。投資においては往々にして、思わぬチャンスが到来することもあります。そんな時、守り一辺倒の状態では、チャンスをみすみす逃してしまいかねません。

HOME > 預金商品とリスク